信頼性なら国内FX?それとも世界中で使われている海外FX?

海外FXと国内FXを今まで比較してきましたがなんだか海外FXのほうが国内FXよりいいことが多く感じられますよね。

ゼロカットシステムだったりネッテラーだったり、思い返してみると「やはり海外FXのほうがいいのでは?」と感じると思います。しかし、それは本当にそうなんでしょうか?

心配なのは信頼性です。そこで今回は信頼性なら国内FX?それとも世界中で使われている海外FX?というテーマでお話しをしていきます。

■国内FXと海外FX、信頼性はどちらのほうが?

今回のテーマと呼べるべき点といってもいいでしょう。

国内FXと海外FXではちょっとした違いがありますが海外FXのほうがなんだかメリットが多く感じられますよね。

そこで信頼性というものを取引方法からみていきます。

●国内FXの取引方法

2ce166a18a8b419eca895bbec3246a52_s

国内FXではDD方式と呼ばれる取引方法を採用しています。このDD方式というのはあなたとインターバンクという市場と金融機関の相互で短期資金の貸借が行われる市場のことをいうのですが、このインターバンクと投資家(あなた)との間にFXの業者が利益を得る仕組みとなっているのです。

一言でいうとDD方式というのは顧客が負ければ負けるほどFXの業者は儲かる仕組みになります。まるでシーソーのような感じがしますね。そうするとシーソーの片側が何かしらアクションを起こす可能性があります。

可能性としたら暴動を起こすように以下のことが起こる可能性があげられるのです。

例えば為替レートが激しく動いた時にはリクオートをしたり顧客が不利になってしまうようなスリッページという指定したレートと実際に約定するレートとの間に乖離が生じる場合もあります。また不正なレート操作を起こされる可能性も少なくありません。

そういった面だとやはりお金がかかっていますから顧客には儲けさせたくないという思いがあるんでしょう。

●海外FXの取引方法

db6e56d927f8c1a363b319bd77ee35cd_s

それでは海外FXの取引方法を見ていきたいと思います。国内FXと同じかな?と思いますが実は海外FXと国内FXでは取引方法が違うのです。海外FXではNDD方式というものを採用しています。

これは先ほど説明した国内FX業者のDD方式とは違って投資家(あなた)とインターバンクの間にディーラーが入らない取引方法です。さらにNDD方式を採用している海外FXは顧客が取引をすればするほどスプレッド分(手数料)で儲かる仕組みとなっています。

取引にディーラーが入らないため海外FXの取引では以下のメリットがありますよ。まず、約定が早くて正確であること。そして国内FXにはあった故意のリクオートはありません。不正に操作されて不利なスリッページもなく信頼度は高いといえるでしょう。

ただし、海外FXではメリットばかりだけではありません。信託保全が付いていないことも頭にいれとかないといけませんね。

信頼度は海外FXのほうが高い!

国内FXから海外FXに中々手が出せない人は大勢いるかと思います。

それは不安な気持ちからきているもので情報不足だからでしょう。

しかし、こうしてインターネットなどでしっかりと正しい情報を得ておけば特に損することもなく取引を行うことができますよ。

About the Author
Sotowe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です