国内FXと海外FXでレバレッジは違う!必要証拠金が少なくてすむのはどっち?

投資家が行うことの多いFX。もちろん初心者の方でも行っている人はいます。しかし、国内FXと海外FXには違いがあるのです。
今回は国内FXと海外FXでレバレッジは違う!必要証拠金が少なくてすむのはどっち?というテーマでお話しを進めていきます。

■レバレッジとは?

3ac5fa4f300c27d162a39433508f40dd_s

まずはFXの初心者の方でもわかるように「レバレッジ」とはどんなものかをご説明します。レバレッジは自分の資金を担保に他人のお金を借りて取引することです。イメージとしてはスロットなどの倍率のようなものですね。

●国内だと最大どれくらいまでレバレッジは可能?

国内のFX業者だと最大25倍になります。例として1万ドルの通貨ポジションを持つ際にはまずどれくらいの証拠金が必要になってくるのかというのを見ていきましょう。
ここでは1ドル=110円とします。つまり1万ドル=110万円ですので、レバレッジ25倍で44000円の証拠金が必要だということです。

●海外だと最大どれくらいまでレバレッジは可能?

さて皆さんが気になるのはここですよね。国内では最大25倍のレバレッジというお話しはもうお分かりいただけたかと思います。しかし、海外ではなんと最大200倍~2000倍のレバレッジをかけて取引きをすることが可能なのです。
これには驚かれた方も多いでしょう。
では先ほどと同じように1ドル=110円とします。まずレバレッジが200倍の時には必要な証拠金として5,500円となるのです。またレバレッジが2000倍とすると必要な証拠金は550円。
そう考えるとレバレッジが高ければ高いほど証拠金は少なくて済むのですね。

■じゃあ国内のFXよりも海外のFX業者のほうがいいの?

24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s

FXのメリットは株と違って最初にまとまったお金がいらなく、少ないお金で取引をすることができるというのがメリットです。国内FX業者を利用して仮にレバレッジ25倍だとするとドル円を1万通貨取引するためには25倍でも44,000円の証拠金が必要となってしまうので儲けとしてみると現実的には難しいでしょう。

逆にお金持ちの方で資金が100万円、などと自由に使える方であれば国内FXでも大きなポジションを持って取引することは可能ですが使える資金が5万円くらいの人でFXの取引を考えている方は国内だと物足りなさを感じるはずです。

しかし海外のFXでは200倍以上のレバレッジが利用できるため5万円くらいの少額取引でも取引は満足に行うことができます。
そもそも5万円の資金があるとしたら、海外FXで1万通貨の取引ではなくてももっと色んなポジションで取引をすることはできますよね。

●必要な証拠金が少ないと複数のポジションを持つことが可能!

これも海外FXのメリットです。必要な証拠金が少ない海外FXだと10万円で1万通貨のポジションをなんと20も、もつことができます。複数のポジションをとり異なる通貨ペアを組み合わせた戦略を立てて儲けることが可能です。

FXで満足する取引がしたいという方は海外FXがおすすめ!

今まで国内でしかFXの取引をすることがなかった方でもっと満足に儲かりたいという人は海外のFXに挑戦するといいでしょう。難しく考えてしまいがちですがやはり証拠金を頭に入れて考えるとレバレッジも高い分ある意味楽しみも大きいはずです。

About the Author
Sotowe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です